読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あおのりん!

あおのです。なにとぞよしなに。

せめて乗っ取りたくて

物語

こんにちは、私です。

 

私がぼんやりと何かについて考えている時。それは往々にしてどうしようもなく切羽詰っていたり、何かから目をそむけている時なのだけれど。とにかく、何かを考えるときに、私の中には明らかに、私じゃない視点がいる。私じゃない視点は私の使わない口調で私に説教、あるいは私の体験していない自分語りを始める。その「誰か、もしくはなにか」は上から目線の語り口だったり、複数人が登場してコントを始めたり、状況に対して芸人めいたツッコミを入れたりしていく。そして大騒ぎして帰っていく。非常にばかばかしい。私じゃない視点とはいえ所詮は私の脳の生成物なので、私にとっては腑に落ちる結論を導き出してくれることもある。まあ、多くの場合はよくわからないことを私に押し付けていく。そんな話。

 

”表現したいことがあるから作品をつくる人なんて、ある程度なにかを突き詰めることができた「ちゃんとした」人間のやること。人はただ単に、黙っていられないからモノを作り出して、発表してしまうの。この段階は幼児や児童がまっしろなノートに好き勝手な絵を書き殴るのと変わらない。文化的排泄欲求でしかないの。悪いことではないけど、生み出されたものは作品ではないし、自分しかその中にはいないの。わかるよね?

そこから一歩だけ踏み込んで、友達に見せるための何かを作る人たちがいる。人によっては140文字以内に見せたいものを押し込める遊びが好きな人もいるでしょ?この段階まで来ると、モノを作るのに使っていい道具が限られていく。あの子が知ってるコトバで書かないといけない、これはまだ教えてないから分かってもらう部分を作らないといけない。こうやってつくられたものは、あなたが作ったというより、あなたの中にいる「あの子」を写し撮ったものになる。二人だけに通じる秘密の言葉、あの場にいたみんなだけの思い出を掘り起こすきっかけ、あの映画のあの場面。そんな共通のコードだけが、モノづくりに使える道具。だからこんなやり方じゃ、手の届くだけの人にしか伝わらない。

もっと踏み込んで。さっきまでは、あの子に意味が届くだけの世界だった。次にあなたは、あの子にどう思って欲しいかを操作する。問いには答えを、結果には原因を。納得の積み重ねで行きついた結末には疑いの目を向けられない。人は物語に触れると自分のアタマの中でエミュレートする。自分と作品が適合したときに、自分のことが書いてあると思ってしまう。感情が動いてしまう。だからできるだけ一般的なことを、可能な限り詳細まで具体的に描いて。それだけでいい。使える道具はさっきと同じ、お互いにわかるコード。一般的ってことは、何を代入しても動く仕組みが欲しい。できるだけからっぽな箱を、豪華に飾って。そうすれば人の欲求だって煽れる。自分をしまう綺麗な箱。そんな作品を創って。”

 

って、私のなかの誰かが言ってました。うるさいのでこの人を頭の中から退去させたいです。

 

物語に削り取られる話

物語

 

そういうわけで、消耗しました。今の中盤〆のヤマ時期でこれだから、今月末には精神終わってるんじゃないでしょうか。今シーズンいい作品の良さが強くて。

消耗したので今日は伝えることを無視して、列挙だけしていきます。

ツイッターって便利ですね、文脈を補ってくれます。

 

rakugo-shinju-anime.jp

 

だれも悪くないのにすべての歯車が悪い方に向かい、落ちていく様子に美しさが描かれる。落語とアニメの親和性はとても高く、ひたすらに声の力、音響の力に感情が踊らされる。「ああ、そうなるだろうな」と思うしかないポイントが数多くあり、物語に慣れている人の方がハマるはず。よい。

 

物語を書き始めると比較的早い段階で、主人公を虐めたいか、可愛がりたいかの二択が起こります。あとで可愛がるために一時的に落とすイベントと、虐めるための悪意を持った工夫は動力が違うので、ジャンクな物語に数多く触れると次第につかめてきます。

 

魔女の呪いは発生するけど打ち勝つ手段か逃げ道があたえられるべきだし、予言の役割は反復されなければならない。用意した弾丸は発射されなければならない。撃たない銃は描くべきではない。チェーホフの銃。

 

 物語の作者は登場人物を自分の筆の力で動かさなければならないけれど、人間の人生は作家でさえ一度だけなので、意図しない意味が込められることは避けられない。考察の目を掻い潜るためには自身の学びを活用するしかないが、そこにあるのはホントウと伝聞の話でしかない。

 

物語は受けてに向けて語られるものである以上、受け手の知識を仮定します。知識にはメタなものも含まれるので、客の持つ「物語とはかくあるもの」という認識さえ作者は利用するかもしれません。人間はそこにいる他人と対話することはできなくて、目の前にいる人を自分の中に作り出して、その人と会話するんです。相手の反応は自分のなかのその人を調整するためにある。

 

物語はよいものですね、触れる度に心が消耗します。消耗を操作できる。他にこんなものは無いですよ。

 

以上、段落ごとに違う話。元気ならそれぞれで記事かけるんですが、今は無理です。

 

物語の話

物語 芝居

こんにちは、私です。

私は物語を消費するのが大好きです。みなさんは、物語ですか?

物語から語りの構造やナラティブに、つまり文学や心理へ話を進めてもいいのですが、今日はもう少しマスな、身近な物語のお話です。テレビをつけると映るあれです。

 

結論から言いますと、今期のドラマやアニメのクオリティやばくないですかというお話です。

具体的には『カルテット』の話をします。あと、『昭和元禄落語心中』。『クズの本懐』もすごくとてもよいのですが、尺の都合で今は控えましょう。

www.tbs.co.jp

rakugo-shinju-anime.jp

 

(今気付いたけどTBS系だ)(あと、椎名林檎だ)(あ、編曲も齊藤ネコだ!)

 

『カルテット』はよいものですよ。

 

私、ファミリー向けのドラマとコアなファン向けのドラマは別物だと思っています。

そしてこの『カルテット』は明らかに後者です。

事件は静か。伏線は芝居に任せる。会話の本質は台詞ではなく間。ドラマは事件を描くものではなく、人間を映すもの。

あと、これは私の好みの問題なんですが、恋愛の構造がシンプルじゃないのが好きです。既婚者であることや婚約者の存在は、その人物が恋愛のステージから降りることと同義ではありません。誰かに恋心を抱いている人は新たに誰かに惚れないなんて誰が決めた。

 

いいですか、私が一番嫌いな恋愛ドラマは、ボーイミーツガールではじまり、葛藤を生みだすためだけの薄っぺらいライバルキャラが出てきて、予定調和でメインキャラがくっつくだけの情報量がゼロのドラマです。

好きな恋愛ものは二種類あるのですが、一つは二人の関係性が安定している。争わず、自分もこうありたいと思える、事件のないもの。いつぞやのドラマの『デート』とかいいですね。

そしてもうひとつ。いい大人が悩む、汚い手を使う、汚れる、苦悩する、そして乗り越える。そんなドラマ。この浄化の瞬間のために1クールのうち11週くらい使っていいと思います。最初の1週は説明回。

これらを美しく組み上げるのは脚本家の技術ですし、演出の力でお客様に伝わる形に整形します。役者はそのための最高の素材として光を浴びます。これらがぴったりと合わさった時、それはもう最強ですよね。美しい。

 

だから『カルテット』は良いんです。

細かい技術的なことを言えば、天丼の打ち方だったり、記号の置き方、音楽の効果、PVの美しさにも言及したいくらいですが、あまりすべて言うのも野暮なので。

 

ちなみに『カルテット』の対比は『東京タラレバ娘』なんですが、これはもうやらかしの連鎖がすごいですよ。

昔、広告代理店が舞台のオフィスドラマがあったのですが、タラレバ娘の主人公はドラマの脚本家です。なんで楽屋落ち設定にしちゃったのかなあ。あと、恋愛を市場的に、戦略的に描いているわりに、コントロール感が全くない。なので、主人公たちは何者でもないんです。意思がない。何者でもない三十代が環境に振り回される様子を描くドラマ。どないせいと。ついでに言えば相手に彼女がいるだのなんので即刻降りる様子も随分と随分。

 

はぁ……『カルテット』好き……

 

そのうちに『昭和元禄落語心中 ―助六再び篇―』を褒めます。

第一期が感情を抉り取る優しくどうしようもない素敵な物語だったので、二期もきっとよいことでしょう。

 

物語は素敵ですよ。能力と資源を投下された美しい作品です。

フィクションでしか描けない人間の一面があります。浸りましょう。

 

今日のまとめ。『カルテット』は素敵。

伝道師になった話

たべる 好奇心

こんにちは、私です。

先日、1月22日には第6回伝道師になろうが開催されました。\ただの宴会だこれ/

そこでは運営部になってみたり、伝道師になってみたり、当日突然司会になってみたりと好き勝手やらせて頂きました。狐さんありがとう、楽しかった。

 

伝道師はよいものですね。自分の好きなものを初心者にもわかりやすいように語るイベント。基本的に私は好奇心で動き回るんですが、相手の方から私の好奇心を動かすように寄ってきてくれるイベント、これはもう端的に言って最高ですよ。

素敵な伝道が次から次に聴ける贅沢。これは王ですよ、王。イメージの世界にしかいない、大きい葉っぱで「ふぁさ……」って扇がれてる堕落の限りを尽くすアレ。もしくは雛鳥。もしくは好奇心で作られたフォアグラ。

 

そこで私は今回初めて伝道師(=プレゼンター)になりました。そもそも伝道師になろうの参加は二回目なのですが、そのわりに役職多いなあ、満喫してるなあ。客観視してわかる驚き。

初対面の人を含む不特定多数の人前に立って、何かの話をするのは久々でした。話をすることについての話をそのうちにします。

伝道のスライドはこれです。喋る前提のスライドなので可能なら台本を載せておきたいんですが、相当くどいので省略。

 

www.slideshare.net

 

このように延々と豚肉のブロックを湯煎する話をしたわけですが、もちろん伝道のメインテーマはレシピの話ではありません。

 

美味しさは知識で拡張できます。人は舌でめしを食うのではありません。脳が生み出した美味しさを味わいます。そして調理は加工技術です。食材を加工することでテクスチャと成分を操作して人間の味覚をデザインする。これが調理です。(個人差があります)

 

似たようなことはこのブログの最初の記事でも言いました。

 

aonorin33.hatenablog.com

 

どこに意識を向ければ良いのか、その道筋が示されているときにこそ、感動を増強できます。キャッチコピーとか、キャプションとか、本来そうあるものですよね。ウリを伝えるものです。

届けたいものが決まっていないと、どの方向に努力すればいいのか分からないですよね。だからこそ、目的を持った調理をしましょうという伝道でした。

 

目の前にいるあなたを、どこか別の世界に連れて行きたい。そのための言葉を、手段を、気迫を見つけ出す。

マーケティングも、料理も、演劇も、全部いっしょです。(個人差があります)

 

願わくば食の伝道師では、もっとよい伝道ができますよう。

 

 

 

 

 

文字から感情が抜け落ちる話

好奇心

こんにちは、私です。

いろんなひとにあこがれてはじめたブログをさぼっていました。今日は書くよ。

なぜ今日は書くのかと言えば、一つはあなたに伝えたい言葉があったからで、もう一つは現実から目を背けるためです。現実は目を背けるたびに手に負えなくなるのでタチが悪いですね。

 

筆不精に陥っていた理由はいくつかありますが、その大きな理由として「書くほどに感情が目減りしていった」というものがあります。

 

 

今日はこれの話をします。

 

面白いもの、興味の対象になるものはひとによっていろいろあると思います。
音楽についてでも、数学についてでも、言葉についてでも、何だっていい。感情が動けばいい。
そうして個々に持ち合わせた好きなものについては、人に共感して欲しくて、またこの感動を共有したくて、各々のかたちで発信します。
こうして発信したものは自らの手を離れ、「書かれたもの」になります。あるいは「読み解かれるもの」になります。
私が不在になります。

 

語ることで何が起きるのでしょうか。

 

ひとはよく、憂さ晴らしに愚痴を言います。

つまり、マイナスの感情を言葉に乗せて自分から取り除いています。人間は気分がマイナスの時にはシステマティック(=論理的)な処理をするので、当然といえば当然ですね。嫌ななにかを理性に分析させることで、解決の糸口を見つける。適応のカタチです。イライラしている時には細かいアラが見えてくるでしょう?それです。

 

それはそれとして、好きな感情が有り余るときの話をします。

溢れんばかりの感情を筆が走るに任せて文字に起こす。好きが溢れて仕方ないから語彙が湧く、比喩が浮かぶ。次々に言葉を綴る。そうするとどこかで、ぱたりと次の言葉が出なくなる瞬間がきます。どんなに好きでも。

私はこれを、感情の枯渇と呼んでいます。

ひとによっては何万文字でも書ける人がいるのかもしれません。でも、私は枯渇します。

 

高校で芝居をやっていた頃、よく言われました。

「心の中にある器に感情が溜まっていく。外からわからなくても器の中にぽたりぽたりと感情が溜まって、ふちのぎりぎりで表面張力が働くところまで行ってもまだ漏れない。でも最後の一滴が落ちた途端に流れ出していく、この溢れた感情が台詞なんだ。」

言葉には感情が込められています。

 

愚痴を言えばマイナスの感情は言葉によって溢れ出し、自身から抜け落ちていく。これは健全な作用です。

一方で、幸せな記憶も素敵な想いも、文字に、言葉にすることで自身から抜け落ちていく。快感情を消費する感覚。これは歯がゆいものです。何かを語るために、自分の感情を削ぎ落とすのは、現実を噛みしめるようであり、すこし悲しくもあります。

 

自分の好奇心を形あるものに残したい。今、自分の中にある好奇心を削りたくない。

そう思って一か月ほど無でいましたが、振り返ろうとしても振り返れません。瞬間の感動と、保存される感動のトレードオフが成立しているようです。

 

どうせトレードオフなら、せっかくなので書こうと思います。

感情を削り取って、未来の私とあなたが楽しむために。

 

知識に呪われる話

こんにちは、私です。

冬ですね、こんな日にはチョコレートが食べたくなります。

もしくはくだらない話をしたくなります。勝手にやります。そういう場所です。

 

ところでみなさんは呪われたことはありますか?

明らかに怪しい名前のアイテムを手に入れた幼き日のあなたは、好奇心に負けて装備を選択してしまったはずです。

解呪のためにあちこち奔走したり、てんやわんやしたはずです。

懐かしいですね。懐かしくないあなたはそれとなくノリだけでノスタルジーを想像してください。

 

人々がまだピコピコとした画面に張り付いていた時代から、RPGにおいての呪いの役割は決まっています。

その系譜は脈々と受け継がれ、今ではほとんどの人に認知されているお約束があります。

 

装備したが最後、(基本的に)外せない。

 

これって、日常的にみんな体験してますね。

呪いですよ、呪い。不可逆。

 

例えば私は友人に呪われたんですが、

ロマンスの神様のBoy Meets Girl が森光子に聞こえるだとか、

 

楽天イーグルスのロゴが「毛」にしか見えないとか、

 

伊右衛門のロゴが「アホ」にしか見えないとか、

www.suntory.co.jp

 

いちどでも身に着けてしまったらずっと捨てられないものです。

どうです、呪われたでしょう。

今回は特に呪い感の強いコンテンツを選びました。

 

最初に言った通りくだらない話ですね。

 

さて、今日のタイトルは「知識に呪われる話」でした。

今言ったこの「呪い」概念って、かなり広範囲にわたって応用できると思いませんか?

 

例えば、 

芝居を「アクション」と「リアクション」の連続として捉えたら、途端に芝居の不自然な間が浮かび上がってきて、思わず気になってしまう場面が増えてきませんか?この役者は決め打ちで喋ってるなって気になり出しませんか?

チョコレートの香りが「ナッツ香・花香・果実香」に分類できることを知ったら、今後チョコレートを食べるときには香りをこの網目で分類しちゃいますよね。むしろ、これ以外の比喩を探すのがつらくなってきませんか?

道端や河原に際限なく落ちている石ですら、分類する枠組みを、手法を知ったら全てが意味を持ちます。火山性の石が落ちていたら、どの火山由来なのか、思い、馳せちゃいますよね。綺麗な石が構造色でこの色に見えていると知ったら、想像膨らんじゃいますよね。

 

知識を得たことで、背景だったものが記号になる。この瞬間に人は呪われます。

忘れない限り、記号が背景に戻ることはありません。

 

この作用がポジティブに働くことの方が圧倒的に多いのですが、私の場合はいくつか後悔した項目があります。

好奇心に負けて知ってしまったあのマジックのタネ。ディズニーシーにある某アトラクションのトリック。あの仕事でいくら稼ぐのか。あのまだ読んでない小説のオチ。

 

人はみんな呪われて生きていきます。みんな違う呪いを重ねがけされてます。もしかしたらある種の呪いのせいで、色眼鏡で見ている世界があるかもしれません。

それらを受け入れるポジティブな表現が「知識」なのかもしれません。

 

今日もまた、新たな呪いを受けながら、強く生きましょう。

 明日もまた記号が増える。

 

素数大富豪をペライチで伝道する話

こんにちは。今日は12月13日です。

みなさんがご存知のように1213が素数であることは広く知れ渡っています。

主に素数大富豪の影響です。

素数大富豪以前に1213と慣れ親しんでいた方はさすがにごく少数だと思いますがどうでしょう。

 

自己紹介がまだでしたね。

wreck1214.hatenablog.com

素数大富豪アドベントカレンダー9日目の記事の中盤のあたりで、

ちびっこに素数大富豪を伝道している怪しいお兄さんが言及されているとおもうんです。

 

私です。

おのりんです。

 

サイエンスアゴラが楽しかった話は狐さんが書いてくださってますので、私は楽しい中でちょっぴりしんどかった話を。

 

結論から言うと、素数大富豪のルール説明って、一から話すと長くなるんです。

準備の仕方、二枚出し以上の読み方、合成数出し、グロタンカット、ペナルティ、山札から一枚手札を引く権利、ジョーカーどうするのか、てんやわんや。

目の前のこどもたちの、ゲームやりたいからはやく説明おえてくれないかなって視線に耐えつつ、素数の概念のない子に教えつつインスト(ルール説明)するのしんどいんです。「グロタンディークっていう……知らないよね、ごめんね。57が素数じゃないのに素数っぽいから間違えて素数って言ったってエピソードがあってね……」

わちゃわちゃしました。

でもがんばる。ちびっこはかわいい。

がんばって説明しちゃう。

 

そんなわけで私、思ったんです。

こんな時にA4ペライチの文量で素数大富豪のインストができたらなあ、って。

そうすれば子供たちにもっと楽しんでもらえたなあ、って。

 

ルールは厳密になっていなくても、とりあえず遊び始めることができるものを、

このペライチとトランプがあれば素数大富豪に触れられる、そういうものが欲しい。

そして作ったものがこちらです。

 

 

f:id:aonorin33:20161213005712p:plain

 

上記の画像はご自由にお使いください。

A4で伝道ver.1.0 です。

 

どうですかこれ。パワポで作ったみたいでしょう。パワポで作ったんです。

突っ込みどころあるなと思います。

これをもっとわかりやすくできるというか、現状これはわかりにくい。

このペライチを改善したいなってのが、この記事の主張です。

 

「もっと構成をこの形にした方が可読性上がる」

「ここの言葉はこうした方が誤解しにくい」

「この表現だと別のルールになっちゃう」

「デザインこういうふうにしよう」

 

朱入れ、ご意見、御指摘、改稿、実際に伝道してみて起きた不具合レポなどお待ちしてます。

そのまま素数大富豪のルールをペライチで説明するブーム起こしましょう。

 

インストがすぐできるゲームになれば、素数大富豪の参入障壁はまだ下がると信じてます。

もっと数を愛して、素数と出会いましょう。

 

 

纏まりのない締めになりましたが、1213の日を楽しんでいきましょう。