あおのりん!

あおのです。なにとぞよしなに。

意志のない私たちは断言で揺らぐ

こんにちは、私です。

 

今の職場に不満はありませんが、転職を人生で一度もしないのももったいないなあという気持ちになってきました。もったいないとは?将来は不確定なのにやらないと損みたいな感情がわいてくるのはどうも違和感がありますね。期待値はプラスとは限りません。

 

こんなふうに将来のことを考えていると、たまに不思議な人に出会います。わたしはその手の人のことを「自我がある人」と勝手に呼んでいます。どんな人でしょうか、説明します。

 

人は大抵の場合、嘘をつかないようにします。また、確実でないことは推定、推測の言葉を使って語ります。

来週はたぶん晴れ。これ買ったらきっと便利。あなたにもきっと気に入ってもらえると思うから。

この「曖昧化」をしない人がいます。その人こそ、自我のある人です。

このプランに沿って学習すると成績が向上します。この治療法によって症状が安定します。このシステムを導入すると15%のコストダウンになります。あなたがコミュニケーションに不安を持つ原因はこれです。

自我のある人の多くは、きっと自分の言葉がどれだけ武器になるのかを知っています。なぜでしょう。

 

私たちは普段、意志を持たず生きています。この場合の意志は一般に用いられる「意志」ではないですが、比喩だと受け入れてください。自我という言葉は使いたくなかったのです。とにかく私たちは平時には意志を持ちません。

将来のことも、遠くのことも、目の前の相手のこともわからず、曖昧に生きています。ぼんやりした世界の中で何かを決めようにも、土台がありません。デカルトを持ち出しても自分の存在を認めるのがせいぜいですし、存在を知っても性質はわかりません。

そんな人生の中で、自我のある人が声をあげてくれます。

「ここに正解があります」

これは救いです。責任を他者に持たせることができる。明確な言葉を与えてくれる他者に出会ったとき、そこに悪意を感じなければ、人は言葉を信じます。人間のデフォルトは信頼です。自我のない私たちは、強い言葉を信頼して行動します。

 

意識的かどうかは別として。人間のデフォルト値に気付いた人は、強い言葉の威力を知ります。

はきはきと、滑舌よく、胸を張って、曖昧を切り捨てた言葉を使います。しかし内容の確実性は変わりません。変わるのは印象、反応だけです。

 

さて、ここであなたがどちら側かわかります。

「確かに同じ内容を話すなら、相手を動かせる方がよい。人を動かす表現を磨こう」

「表現だけで相手を動かすのは不誠実だ。精緻に表現する能力を磨こう」

どちらでしたか?これは選択肢です。

RPGの最初に盾・剣・杖のどれを選ぶのかと同様の問いです。

 

先の二択からなるスキルツリーは一方を伸ばすと他方の取得コストが大きくなります。

しかしあなたがどちらも選んだことがないのなら、どちらかだけでも今取得しないともったいないです。

 

ちなみに私は今日まで、どちらも選べずに生きています。私には意志がないので。

 

 

新潟の観光可能性

こんにちは、私です。

2月も残すところ2週間。みなさんバレンタインはいかがお過ごしでしたか?

私はざっくりと4万円分くらいチョコを買いました。はい、買いました。

貰った量については言及しません。はい。

 

 

それはそれとして、新潟でおすすめの食・店・観光プランなどについて言及します。

なぜかと言えば聞かれたからです。Sarahahで。

みなさんは新潟に「観光」を目的として足を踏み入れたことはありますか?

私はあります。

以下では新潟市を観光する視点で好き勝手書きます。

新潟が大好きな人、ごめんなさい。私も大学まで新潟に住んでいました。これもn=1の民意です。

 

さて、観光地新潟の特徴として、以下の三つが挙げられます。

・高いところに上るのが無料

・致命的に気候が向いてない

・食と観光のバランスが悪い

高いところに上るのが無料

こちらをご覧ください。

新潟県庁の展望エリア。(地上約67m)

www.niigata-kankou.or.jp

新潟日報(地元紙)ビルの展望エリア。(地上約100m)

niigata-mediaship.jp

そして朱鷺メッセホテル日航新潟)の展望エリア。(地上約125m)

www.hotelnikkoniigata.jp

これらがなんと全て無料でのぼれます。まじかよ。自分で書いてて疑い始めましたが、各サイト見たら本当でした。

朱鷺メッセなんてのぼった日には越後平野から日本海まで一望出来ます。

べつに他意はないんですが、某府の通天閣は展望台の高さ95m足らずでおとな一人700円だそうです。よかったですね。

東京タワーの大展望台には高さ負けてますけど、コスパでは圧勝ですね。新潟はコスパ#DIV/0!。

しかしまあ、唯一残念な点がありまして、次のポイントです。

致命的に気候が向いてない

どうせ旅行に行くのなら快適に過ごしたいですよね。すがすがしい天気、からっとした空気、そのすべてが手に入れられる地は新潟ではない。

フェーン現象、あるじゃないですか。山越えた風が暑くなるやつ。あれが新潟では夏に来ます。そして冬の新潟に天気のいい日なんてありません(個人の感想です)。

夏の新潟市はダメです。車社会前提の地方都市なので日よけになる地下街なんてないです。大型商業施設も点々としかありません。暑さ耐性のない人は夏の新潟に来る際は覚悟を。

冬の新潟市日本海からの湿った強風が吹きこみ、建物は揺れ、地吹雪は舞い、バスは遅れ、住民の皆さんは飄々と日常を過ごします。異界ですね。先ほどの展望台も、のぼったはいいけど一面の悪天候がみられます。は?

春と秋だけが残されましたね。しかしあなたが新潟に行くべき時期は気候で決めるにはもったいないです。というのも以下の通りで、

食と観光のバランスが悪い

新潟に行く理由は何か。それはご飯を食べる一択です。個人の感想です。

新潟には美味しいものが無限にあります。しかし残念なことにあなたの胃袋は有限です。なので新潟観光というのは、いかに効用を高める食事を選択できるかの勝負です。しかし新潟には観光地が多くはない。というかほとんどない。なのであなたの選択肢はフードファイトか、虚無を感じるかの二択になります。

ここで妥協してはいけません。美味い物を探すためにあなたは上越新幹線に乗るべきなんです。

米が美味い、酒が旨い、目の前に日本海、ブランド和牛もある。こんな土地に遊びに来て愉快なだけの観光地を探す方がもったいないです。新潟旅行において観光は、空腹待ちの時間つぶしです。諦めましょう。

そんなわけであなたには絶対に行くべき新潟の飲食店をお伝えします。

 

廻転寿司弁慶 新潟ピア万代店

https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15011027/

 

ラーメン 夷霧来

https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15007065/

 

ラーメン 東横 駅南店(本店)

https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15000026/

 

へぎそば 小嶋屋

http://www.kojimaya.co.jp/

 

とんかつ(たれかつ丼) とんかつ政ちゃん

https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15000017/

 

どのように美味しいか、どうおすすめかを詳しく書くとそれぞれのお店で記事が書けるのですが、ローカルグルメブロガーではないので割愛します。あと、新潟観光に興味を持ったあなたの予算感を知らないので、どこもお手軽な価格帯で提示してます。

食べログ漁ってみて初めて気付いたんですが、どこも評価の高い店でした。おいしいですからね。

 

満喫して頂けることを願ってます。気候はしんどいので頑張ってください。

 

自意識の話

こんにちは、私です。

 

1月ですね、冬ですね。めっきり寒くなって、皆さんも寒さに幾分か慣れてきた頃かと思います。

冬と言えばチョコレートの美味しい時期ですね。

今年も例年同様に伊勢丹サロン・デュ・ショコラが開催され、高島屋ではアムール・デュ・ショコラが開催されます。今年はサロン・デュ・ショコラの入場がチケット制になったそうなので計画性がないとチョコも買えない時代になりました。いきあたりばったれない。

チョコレートのレポは2月になって文字が書ける状況なら書くと思います。ブログの需要どうこうというよりも、チョコは食べるとなくなってしまうので文字にします。

 

さて、ブログを書けと意識の片隅からせっつかれていたにもかかわらず久しく書かなくなっていたわけですが、これは自意識のせいですね。自意識に埋もれてしまうのはよくないですね、虎になります。

しばらく前から、無駄なプライドを持つのをやめようキャンペーンを個人的に開催していたのですが、効果は出ていません。ただ、文章を書こうとすると自分の文章の中の傲慢さとか、予防線でしかない文章の装飾とかが浮き出て見えるようになってしまい、書いて消して書いて消してしていました。今は自主規制しないで手癖で書いてます。

 

 自意識がどうのという話はたいていの場合自尊感情に帰属させることができます。できません。ですが自尊感情を変数にすると説明できることは幾分かあります。変数に関係価などを加える説明力が上がるかもしれませんが今はやめておきます。

自尊感情が低い人は、他者の曖昧な回答をネガティブな返事と受け取りやすい傾向があります(遠藤と阪東 2006)。ここからもここまでも、おはようからおやすみまで私の勝手な推論なのですが、自尊感情が低い人は自分が勝手に解釈したネガティブな返事によってソシオメーター(自尊心ゲージみたいなものだと思ってください。)が低い方に振り切れてしまい、気分もネガティブになり、思考がシステマティック処理になり、細かいところまでいちいち言及する卑屈な人が発生します。一旦ネガティブになると、思考がシステマティックな課題解決モードになるので現在の問題点が細かく浮き彫りになりがちです。それが書いて消してをやっていた私です。

継続的にブログを書くためには、まずは自尊感情をどうにかする必要があることが分かりましたね。もしくは推敲をやめる。

今後もなんとかやっていきましょう。

せめて乗っ取りたくて

こんにちは、私です。

 

私がぼんやりと何かについて考えている時。それは往々にしてどうしようもなく切羽詰っていたり、何かから目をそむけている時なのだけれど。とにかく、何かを考えるときに、私の中には明らかに、私じゃない視点がいる。私じゃない視点は私の使わない口調で私に説教、あるいは私の体験していない自分語りを始める。その「誰か、もしくはなにか」は上から目線の語り口だったり、複数人が登場してコントを始めたり、状況に対して芸人めいたツッコミを入れたりしていく。そして大騒ぎして帰っていく。非常にばかばかしい。私じゃない視点とはいえ所詮は私の脳の生成物なので、私にとっては腑に落ちる結論を導き出してくれることもある。まあ、多くの場合はよくわからないことを私に押し付けていく。そんな話。

 

”表現したいことがあるから作品をつくる人なんて、ある程度なにかを突き詰めることができた「ちゃんとした」人間のやること。人はただ単に、黙っていられないからモノを作り出して、発表してしまうの。この段階は幼児や児童がまっしろなノートに好き勝手な絵を書き殴るのと変わらない。文化的排泄欲求でしかないの。悪いことではないけど、生み出されたものは作品ではないし、自分しかその中にはいないの。わかるよね?

そこから一歩だけ踏み込んで、友達に見せるための何かを作る人たちがいる。人によっては140文字以内に見せたいものを押し込める遊びが好きな人もいるでしょ?この段階まで来ると、モノを作るのに使っていい道具が限られていく。あの子が知ってるコトバで書かないといけない、これはまだ教えてないから分かってもらう部分を作らないといけない。こうやってつくられたものは、あなたが作ったというより、あなたの中にいる「あの子」を写し撮ったものになる。二人だけに通じる秘密の言葉、あの場にいたみんなだけの思い出を掘り起こすきっかけ、あの映画のあの場面。そんな共通のコードだけが、モノづくりに使える道具。だからこんなやり方じゃ、手の届くだけの人にしか伝わらない。

もっと踏み込んで。さっきまでは、あの子に意味が届くだけの世界だった。次にあなたは、あの子にどう思って欲しいかを操作する。問いには答えを、結果には原因を。納得の積み重ねで行きついた結末には疑いの目を向けられない。人は物語に触れると自分のアタマの中でエミュレートする。自分と作品が適合したときに、自分のことが書いてあると思ってしまう。感情が動いてしまう。だからできるだけ一般的なことを、可能な限り詳細まで具体的に描いて。それだけでいい。使える道具はさっきと同じ、お互いにわかるコード。一般的ってことは、何を代入しても動く仕組みが欲しい。できるだけからっぽな箱を、豪華に飾って。そうすれば人の欲求だって煽れる。自分をしまう綺麗な箱。そんな作品を創って。”

 

って、私のなかの誰かが言ってました。うるさいのでこの人を頭の中から退去させたいです。

 

物語に削り取られる話

 

そういうわけで、消耗しました。今の中盤〆のヤマ時期でこれだから、今月末には精神終わってるんじゃないでしょうか。今シーズンいい作品の良さが強くて。

消耗したので今日は伝えることを無視して、列挙だけしていきます。

ツイッターって便利ですね、文脈を補ってくれます。

 

rakugo-shinju-anime.jp

 

だれも悪くないのにすべての歯車が悪い方に向かい、落ちていく様子に美しさが描かれる。落語とアニメの親和性はとても高く、ひたすらに声の力、音響の力に感情が踊らされる。「ああ、そうなるだろうな」と思うしかないポイントが数多くあり、物語に慣れている人の方がハマるはず。よい。

 

物語を書き始めると比較的早い段階で、主人公を虐めたいか、可愛がりたいかの二択が起こります。あとで可愛がるために一時的に落とすイベントと、虐めるための悪意を持った工夫は動力が違うので、ジャンクな物語に数多く触れると次第につかめてきます。

 

魔女の呪いは発生するけど打ち勝つ手段か逃げ道があたえられるべきだし、予言の役割は反復されなければならない。用意した弾丸は発射されなければならない。撃たない銃は描くべきではない。チェーホフの銃。

 

 物語の作者は登場人物を自分の筆の力で動かさなければならないけれど、人間の人生は作家でさえ一度だけなので、意図しない意味が込められることは避けられない。考察の目を掻い潜るためには自身の学びを活用するしかないが、そこにあるのはホントウと伝聞の話でしかない。

 

物語は受けてに向けて語られるものである以上、受け手の知識を仮定します。知識にはメタなものも含まれるので、客の持つ「物語とはかくあるもの」という認識さえ作者は利用するかもしれません。人間はそこにいる他人と対話することはできなくて、目の前にいる人を自分の中に作り出して、その人と会話するんです。相手の反応は自分のなかのその人を調整するためにある。

 

物語はよいものですね、触れる度に心が消耗します。消耗を操作できる。他にこんなものは無いですよ。

 

以上、段落ごとに違う話。元気ならそれぞれで記事かけるんですが、今は無理です。

 

物語の話

こんにちは、私です。

私は物語を消費するのが大好きです。みなさんは、物語ですか?

物語から語りの構造やナラティブに、つまり文学や心理へ話を進めてもいいのですが、今日はもう少しマスな、身近な物語のお話です。テレビをつけると映るあれです。

 

結論から言いますと、今期のドラマやアニメのクオリティやばくないですかというお話です。

具体的には『カルテット』の話をします。あと、『昭和元禄落語心中』。『クズの本懐』もすごくとてもよいのですが、尺の都合で今は控えましょう。

www.tbs.co.jp

rakugo-shinju-anime.jp

 

(今気付いたけどTBS系だ)(あと、椎名林檎だ)(あ、編曲も齊藤ネコだ!)

 

『カルテット』はよいものですよ。

 

私、ファミリー向けのドラマとコアなファン向けのドラマは別物だと思っています。

そしてこの『カルテット』は明らかに後者です。

事件は静か。伏線は芝居に任せる。会話の本質は台詞ではなく間。ドラマは事件を描くものではなく、人間を映すもの。

あと、これは私の好みの問題なんですが、恋愛の構造がシンプルじゃないのが好きです。既婚者であることや婚約者の存在は、その人物が恋愛のステージから降りることと同義ではありません。誰かに恋心を抱いている人は新たに誰かに惚れないなんて誰が決めた。

 

いいですか、私が一番嫌いな恋愛ドラマは、ボーイミーツガールではじまり、葛藤を生みだすためだけの薄っぺらいライバルキャラが出てきて、予定調和でメインキャラがくっつくだけの情報量がゼロのドラマです。

好きな恋愛ものは二種類あるのですが、一つは二人の関係性が安定している。争わず、自分もこうありたいと思える、事件のないもの。いつぞやのドラマの『デート』とかいいですね。

そしてもうひとつ。いい大人が悩む、汚い手を使う、汚れる、苦悩する、そして乗り越える。そんなドラマ。この浄化の瞬間のために1クールのうち11週くらい使っていいと思います。最初の1週は説明回。

これらを美しく組み上げるのは脚本家の技術ですし、演出の力でお客様に伝わる形に整形します。役者はそのための最高の素材として光を浴びます。これらがぴったりと合わさった時、それはもう最強ですよね。美しい。

 

だから『カルテット』は良いんです。

細かい技術的なことを言えば、天丼の打ち方だったり、記号の置き方、音楽の効果、PVの美しさにも言及したいくらいですが、あまりすべて言うのも野暮なので。

 

ちなみに『カルテット』の対比は『東京タラレバ娘』なんですが、これはもうやらかしの連鎖がすごいですよ。

昔、広告代理店が舞台のオフィスドラマがあったのですが、タラレバ娘の主人公はドラマの脚本家です。なんで楽屋落ち設定にしちゃったのかなあ。あと、恋愛を市場的に、戦略的に描いているわりに、コントロール感が全くない。なので、主人公たちは何者でもないんです。意思がない。何者でもない三十代が環境に振り回される様子を描くドラマ。どないせいと。ついでに言えば相手に彼女がいるだのなんので即刻降りる様子も随分と随分。

 

はぁ……『カルテット』好き……

 

そのうちに『昭和元禄落語心中 ―助六再び篇―』を褒めます。

第一期が感情を抉り取る優しくどうしようもない素敵な物語だったので、二期もきっとよいことでしょう。

 

物語は素敵ですよ。能力と資源を投下された美しい作品です。

フィクションでしか描けない人間の一面があります。浸りましょう。

 

今日のまとめ。『カルテット』は素敵。

伝道師になった話

こんにちは、私です。

先日、1月22日には第6回伝道師になろうが開催されました。\ただの宴会だこれ/

そこでは運営部になってみたり、伝道師になってみたり、当日突然司会になってみたりと好き勝手やらせて頂きました。狐さんありがとう、楽しかった。

 

伝道師はよいものですね。自分の好きなものを初心者にもわかりやすいように語るイベント。基本的に私は好奇心で動き回るんですが、相手の方から私の好奇心を動かすように寄ってきてくれるイベント、これはもう端的に言って最高ですよ。

素敵な伝道が次から次に聴ける贅沢。これは王ですよ、王。イメージの世界にしかいない、大きい葉っぱで「ふぁさ……」って扇がれてる堕落の限りを尽くすアレ。もしくは雛鳥。もしくは好奇心で作られたフォアグラ。

 

そこで私は今回初めて伝道師(=プレゼンター)になりました。そもそも伝道師になろうの参加は二回目なのですが、そのわりに役職多いなあ、満喫してるなあ。客観視してわかる驚き。

初対面の人を含む不特定多数の人前に立って、何かの話をするのは久々でした。話をすることについての話をそのうちにします。

伝道のスライドはこれです。喋る前提のスライドなので可能なら台本を載せておきたいんですが、相当くどいので省略。

 

www.slideshare.net

 

このように延々と豚肉のブロックを湯煎する話をしたわけですが、もちろん伝道のメインテーマはレシピの話ではありません。

 

美味しさは知識で拡張できます。人は舌でめしを食うのではありません。脳が生み出した美味しさを味わいます。そして調理は加工技術です。食材を加工することでテクスチャと成分を操作して人間の味覚をデザインする。これが調理です。(個人差があります)

 

似たようなことはこのブログの最初の記事でも言いました。

 

aonorin33.hatenablog.com

 

どこに意識を向ければ良いのか、その道筋が示されているときにこそ、感動を増強できます。キャッチコピーとか、キャプションとか、本来そうあるものですよね。ウリを伝えるものです。

届けたいものが決まっていないと、どの方向に努力すればいいのか分からないですよね。だからこそ、目的を持った調理をしましょうという伝道でした。

 

目の前にいるあなたを、どこか別の世界に連れて行きたい。そのための言葉を、手段を、気迫を見つけ出す。

マーケティングも、料理も、演劇も、全部いっしょです。(個人差があります)

 

願わくば食の伝道師では、もっとよい伝道ができますよう。